オンライン英会話

MENU

英会話コラム一覧記事一覧

3/30 オンライン英会話を最大限活用する方法ワークショップ今日は、お誘いいただいた「オンライン英会話を最大限活用する方法」というワークショップに行きました。当サイトに来るほとんどのメールは 「当社でオンライン英会話のサービスを開始したので紹介してくれませんか」 という内容だったので、面白いと思って、参加する事に。このサイトの更新を続けていて、やっている内容のほとんどがオンライン英会話の体験...

リザ先生という外国人が自己紹介をしてましたが、すいませんが、全く何を言ってるかわかりませでした…。リザ先生の自己紹介も終わり、セレンさんがしゃべり始めました。まずは、「オンラインレッスン自体を実践として考える」という事です。セレンさんは「英語力は自分の環境を変える力だ」と言ってました。・仕事で使ったり・外国人の友達が増えたり・外国にいったりと悪い例でよく、最近仮釈放されたホ●えもんの動画が出てまし...

■授業の前の5分間を予習の時間に使う始めに喋る事を事前に考えておく日本語だったら、「お疲れさま!」とか「元気??」とか、あまり意味のない会話をしますよね、海外でも同じ事をいいますが英語は具体性がまします。日本の場合Aさん「これ、やっといて」Bさん「オッケー」海外の場合Aさん「この仕事を、いついつまでにこういう風にやっておいて」Bさん「わかった、いつまでにやっておくよ」と、理由付けがあります。なので...

目的のあるフリートークにするために自分が出来る事。※必須 ペンとメモを取る言えなかった言葉を日本語でメモる自分が言えない事を明確にする事が大事で、わからなかった言葉をあとで予習復習しておく事を習慣化しておくと、英語力がつくようです。喋れない事をそのままにせず、違う言葉で置き換えて、喋る事もいい英語の練習になるようです。途中とちゅうで、リザさんがセレンさんと英語を喋ってましたが、やはりここでも何も...

実践編では、セミナー受講者が講師のリザさんと模擬スカイプで喋ったり参加者も参加型の英会話実践編でした。一人でセミナーに参加するのはちょっと…という人でも、後半は楽しく英会話を学ぶ事が出来ます。オンライン英会話を使い初めて、受講者がリザさんと話すんですが、1回目は自己紹介から、だらだら話し始めちゃって意味のない時間がずっと流れてましたが、セレンさんが注意やアドバイスをした2回目では、私が聞く限り会話...

「TOEIC」トーイックとは、正式名称を『Test of English for International Communication』といって、英語を母語としていない人を対象にした世界共通の英語のテストのことです。英語のテストといえば少し前までは「英検」を思い浮かべる人が多かったと思うけど、今では仕事で英語を使うことが増えたから、「英検」よりもビジネスに必要な英語を必要とする「TOEIC」を受...

最近よく聞くTOEICとは、Test of English for International Communicationの略称で、英検のように英語のコミュニケーション能力を点数で表すテストのこと。テストは、10点〜990点までで評価されてスコアと呼ぶんだって。英検のように合否で表すことはない。だから、TOEICテストを受けることで、自分の英語能力を知ることができるし、スコアで表されることで、目標...

TOEICの試験問題は、リーディングとリスニングの2つに分かれていて、点数は10点〜990点満点で評価される。では、点数でわかる自分の英語力はどの程度のレベルなのか?例えば、履歴書に書いてアピールしたいのなら、まずは600点以上を目指したい。それ以下になると、英語力のなさをアピールすることになり、逆効果かもしれない。スコアでみる英語を使える目安としては、海外旅行でそれほど無理なくコミュニケーション...

TOEICの受験者数は、年間80万人以上だといわれています。日本で英会話の資格としてはすっかり定番になったTOEICだけど、世界共通と言われながら、実は日本や韓国、アジアの一部でしかTOEICは重視されていないみたい。アメリカやカナダでは「TOEFL」という資格の方が有名。それにイギリス・ニュージーランド・オーストラリアではTOEICではなくて「IELTS(アイエルツ)」という資格が重視されてるん...

英会話を上達させたいなら、まずは単語を覚えることが大事。単語の意味がわからなければ会話どころじゃないからね。漢字と同じように何度も何度も繰り返し覚えること、それに忘れないように日頃から使うこと。でも使う場がないことが多いよね。手っ取り早いのは外国人のお友達と会話をすることだろうけど、それが無理なら、同じように英会話を勉強している人と英語で会話をする!金銭的に余裕があるなら、英会話スクールで外国人講...

英会話スクールに通った人がみんな英語を話せるようになるのか?そうとは限らない。何年も英会話スクールに通った人より、半年でも留学を経験した人の方が英会話の上達が早いみたい。だから、英会話スクールに通えば必ず英語を話せるようになるという考えは捨てるべき。でも自分で教材を買って勉強するよりは確実に英語は上達するはずだよね。英会話スクールに通うことの1番のメリットは、英語を話す場を持てるということ。普段の...

最近、英会話スクールに通う人が多くなった。年齢に関係なく小さな子供から大人まで、それぞれの目的に合わせて通っているみたい。小さな子供の場合は、親が通わせるケースが多い。目的としては、小さい頃から始めた方がやっぱり身に付きやすいということ、特にリスニングや発音に関しては、学校で習い始める子供とは比べものにならない程違いがでる。英会話スクールに通わせる親の中には、将来留学をさせたいと考える人も少なくな...

英会話スクールには、普通はマンツーマンレッスンとグループレッスンの2種類がある。マンツーマンレッスンというのは、その名の通り講師と生徒の1対1でレッスンを受ける。グループレッスンは、講師一人に対して数人の生徒が同時にレッスンを受ける。何人のグループでレッスンを受けるかは英会話スクールによって様々だけど、大抵は3名〜10名が多いみたい。どちらを選ぶかは自分次第だけど、それぞれメリットとデメリットがあ...

何の勉強でもそうだけど、やる気がでない、集中できないって時があるよね。そういう時はどうしたらいいか?まずはどうして集中できないのかを考えてみる。ただマンネリ化してしまっただけなら、いつもとは違う方法で勉強してみるといいかも。図書館へ行ったり、サンプル商品でもいいから新しい教材を使ってみたり、時間があるなら海外旅行をして現地で英語に触れてみるのもいいね。そうすれば自分への刺激になって、また違った方向...

どんなに英語の読み書きができても、実際に英語を聞いて理解できないと、会話はもちろん、英語でコミュニケーションをとることはできないよね。学校での英語の授業では、リスニングをあまりやらないことから、日本人は聞き取りが苦手という人が多いみたい。でも、英会話が必須になった今ではリスニングも大事。英語の読み書きを勉強する時、声に出して、または頭の中できちんと発音する練習もしている?リスニングが苦手な人の多く...

英検というのは「実用英語技能検定」の略称で、創設は1963年で今までに約8300万人が受験していて、今では年間約230万人もの人が受験している日本ではポピュラーな英語検定試験のこと。試験内容は、「書く」「話す」「聞く」「読む」の基本的な4つの技能をテストで的確に測定することで合否を決めるみたい。年3回の試験で、5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級の7段階に分かれていて、小学校高学年から中学...

英検の勉強法としておすすめなのは、無難ですが、まず過去問をやってみること。本屋に行けば過去問の問題集を売っています。どうして過去問がおすすめかというと、理由はいくつかあります。まずは範囲を知ることが大事だから、英検の問題が出る範囲を全て勉強しようと思うと、とても時間がかかるけど、過去問をやることで出題されやすい問題が見えてくる。試験に出る可能性が高い問題がわかれば、出ない問題は後回しにすることで、...

英検を就職や受験のために受験するという人は多いよね。ではどの程度まで英検の資格を持っていればいいのか?英検は5級から1級まで受験する人の年齢は様々だけど、その人に適した資格をとることが大事だよね。一般的には英検2級を目指す人が多い。例えば、高校生なら推薦入試に有利に働くように、3年生になってからの第1回試験までに合格した方がいい。その時期を逃すと他の科目の勉強の妨げになることがあるから。でも一部の...

英検とTOEICのどちらが有利になるのか?英語の検定を受ける前に考える人も多いはず。一番いいのは両方受験することだけど、なかなかそうはいかないよね。どちらがいいかはその人の目的によるけど、一般的に社会人にはビジネス英語の要素が大きいTOEICが有利だと言われてる。でも業種や企業によっては英検を優遇される場合もあるから、まずはどちらを求められているのかを知ることが大事。就職活動に有利なのはやっぱりT...

英検の受験者数は、気軽に受験できる5級では年間約30万人、音声問題が多い5級では英語を勉強している幼児や小学生なら、リスニングはあまり難しく感じない人が多いみたい。ただ、筆記問題はある程度の勉強をしていないと厳しいかもしれない。初歩的な英語ができるなら合格できるレベル。実際、2011年度の受験者の約80%が合格していて、他の級に比べると合格率は高い。2011年度の受験者数は4級が約44万人、3級は...

ビジネス英語って言葉を最近よく聞くけど、具体的にどういう英語のことなのか?その名の通り、ビジネスで使う英語のことだけど、オフィスでの会話から会議や交渉に至るまで内容は様々。英会話スクールで教わる内容では、まず電話対応。電話のやりとりは、相手を予測できない上に内容も様々だから、慣れない間は焦ってしまって失敗することが多いみたい。次にビジネスメールでの対応。普通のメールと違う、英文ビジネスメールの形式...

英語を勉強している人は大勢いるけど、その中でもビジネス英語を英会話スクールなどで習う人が多いみたい。学校で習ったような普通の英語と、会社務めの人達が習うビジネス英語はどう違うのか?ビジネス英語って言うくらいだから、仕事で使えるような英語を中心に教えてもらうんだろうと考えてしまうけど、本当にそうなのかな?実際、ビジネス英語を勉強している人に聞いてみると、普通の英語と大きく違うと思うものが3つあるんだ...

社会人になって、スキルアップするとしたら何かと聞かれると英会話だと答える人が多いよね。今は日本でも英会話ができないと不便だと感じることが増えてきているみたい。仕事で英会話が必要な人もいるけど、それ以外にも英会話を使う場は多い。でも今から英会話を覚えるなんて無理だと思ってる人も多いはず。確かに小さい子供に比べれば、習得するのに時間がかかるかもしれない。だけど、やる気さえあれば大人になってからでも英会...

英語といえば中学校で初めて習う教科だった。だけど今は小学校から習うんだって。それは私たちの生活に英語が必要不可欠になったってことだね。でも日本の子供達の中には英語が苦手だという子が多い。自分が子供の頃はどうだったか振り返ってみると、やっぱり英語は苦手だったし、そこまで必要だとも感じていなかった。英語を勉強するのは試験の点数を取るためであって、英語を話すために勉強している意識なんて全くなし。だから学...